HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第107号 >

着地面を規定する網目状路面での歩行訓練を通じた歩行運動中の全身の動的安定性の変化

フルテキスト
107_006.pdf2.27 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.107.125

タイトル: 着地面を規定する網目状路面での歩行訓練を通じた歩行運動中の全身の動的安定性の変化
その他のタイトル: The gait training using a gridiron surface that narrows touchdown area at each step changes the dynamic stability of global human body during walking
著者: 小池, 貴行 著作を一覧する
花光, 政和 著作を一覧する
山田, 憲政 著作を一覧する
キーワード: 高齢者歩行
腰部加速度
フラクタル次元
網目状路面
歩行訓練
発行日: 2009年 6月22日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 107
開始ページ: 125
終了ページ: 138
抄録: 神経-筋系機能の低下が原因である高齢者歩行の転倒予防の手段として着地面を規定する網目状路面での歩行訓練法(ふまねっと)が考案されている。本研究の目的は,高齢者歩行時の全身の動的安定性がこのふまねっと運動を通じて変化するかを検証することである。3ヶ月間のふまねっと運動を実施した群17名と対照群の15名の計32名の高齢者に3m往復歩行試技をふまねっと運動実施前,実施途中,終了後の計3回行わせ,その際に重心周りで生ずる3軸(X,Y,Z軸)の加速度を腰部に装着した加速度計を用い測定した。加速度は矢状(X-Z)面,前額(Y-Z)面,水平(X-Z)面の各面上の位相波形へ区分し,各面の定性的評価はフラクタル次元の変化から身体全体の動的な安定性を評価した。ふまねっと運動の効果はX-Y面で見られ,フラクタル次元は運動実施前と実施中より有意に増加した。この結果は,ふまねっと運動が神経-筋系の機能向上により歩行時の動的安定性を増加させることを示唆する。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38710
出現コレクション:第107号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学