HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第107号 >

消費空間としてのスポーツスタジアムの再編 : 「ファンタジーシティ」論を手がかりとして

フルテキスト
107_010.pdf1.05 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.107.195

タイトル: 消費空間としてのスポーツスタジアムの再編 : 「ファンタジーシティ」論を手がかりとして
その他のタイトル: Transformation of sports stadiums in the "Fantasy City"
著者: 長津, 詩織 著作を一覧する
キーワード: スポーツスタジアム
「ファンタジーシティ」
娯楽
消費
発行日: 2009年 6月22日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 107
開始ページ: 195
終了ページ: 204
抄録: 本稿では,現代都市における娯楽空間の商品化を,ジョン・ハニガンの「ファンタジーシティ」論を中心として,特にスポーツスタジアムに注目して論じることを試みる。「ファンタジーシティ」においては,娯楽空間に入るための料金を支払うことが可能なミドルクラスの人びとに非日常的経験や楽しみを提供する一方で,それ以外の人びとは排除されていく。また,非日常的経験や楽しみは経営戦略のもとに計画されており,商品化されている。ハニガンは消費空間化された娯楽空間において,顧客は消費に駆り立てられていくとしながらも,事業主の計画からは外れていく実践が生まれる可能性も示唆している。本稿ではハニガンの議論をふまえた上で,現代日本のプロスポーツスタジアムの事例を参照しながら,消費とは異なる顧客による娯楽の創出を分析する視角を検討する。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38714
出現コレクション:第107号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学