HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
高等教育推進機構  >
高等教育ジャーナル = Journal of Higher Education and Lifelong Learning >
第16号 >

授業応答システム“クリッカー”による能動的学習授業 : 北大物理教育での1年間の実践報告

フルテキスト
No1601.pdf697.61 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/J.HighEdu.16.1

タイトル: 授業応答システム“クリッカー”による能動的学習授業 : 北大物理教育での1年間の実践報告
その他のタイトル: Active Learning in the Classroom using the Response System Clicker : Report of a Physics Class in Hokkaido University in 2007
著者: 鈴木, 久男 著作を一覧する
武貞, 正樹 著作を一覧する
引原, 俊哉 著作を一覧する
山田, 邦雅 著作を一覧する
細川, 敏幸 著作を一覧する
小野寺, 彰 著作を一覧する
発行日: 2008年12月
出版者: 北海道大学高等教育機能開発総合センター
誌名: 高等教育ジャーナル : 高等教育と生涯学習 = Journal of Higher Education and Lifelong Learning
巻: 16
開始ページ: 1
終了ページ: 17
抄録: Use of the Classroom Response System (CRS) device called "Clicker" is wide spread among universities in the United States and is now considered an essential tool for teaching. The clicker is introduced for the teaching of a physics class in Hokkaido University, which was its first use in Japan. We will explain the function of the clicker and consider the reason why it is widely used in teaching in the US. We also report the effect on the teaching in the physics class in Hokkaido University.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38784
出現コレクション:第16号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学