HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

真駒内小学校の使われ方の変遷と計画コンセプトとの関係

フルテキスト
mori-6.pdf379.77 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38846

タイトル: 真駒内小学校の使われ方の変遷と計画コンセプトとの関係
その他のタイトル: The relation between the change of utilization in spaces and the planning concept on Makomanai Elementary School
著者: 小林, 暁子 著作を一覧する
森, 傑 著作を一覧する
キーワード: 小学校
使われ方
計画コンセプト
共有スペース
ユニット
ブロック
発行日: 2008年 7月20日
出版者: 日本建築学会
誌名: 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. E-1, Architectural planning and design I, Building types and community facilities, planning and design method building construction system human factor studies planning and design theory
巻: 2008
開始ページ: 117
終了ページ: 118
Rights: 日本建築学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/38846
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森 傑

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学