HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Institute of Low Temperature Science >
低温科学 = Low Temperature Science >
第67巻 >

クラミドモナス

Files in This Item:
67-004.pdf802.67 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/39085

Title: クラミドモナス
Other Titles: Resources and culture of the green algae Chlamydomonas reinhardtii
Authors: 福澤, 秀哉1 Browse this author
久保, 雄昭2 Browse this author
Authors(alt): Fukuzawa, Hideya1
Kubo, Takeaki2
Issue Date: 31-Mar-2009
Publisher: 北海道大学低温科学研究所
Citation: 光合成研究法. 北海道大学低温科学研究所, 日本光合成研究会共編
Journal Title: 低温科学
Journal Title(alt): Low Temperature Science
Volume: 67
Start Page: 17
End Page: 21
Abstract: 緑藻クラミドモナス(和名,コナミドリムシ)は最も単純な細胞構造を持つ真核光合成生物であることから,古くから光合成研究に用いられてきた.2007年秋,日米欧の研究者の協力によってJGI(http://genome.jgi-psf.org/)から雌株ゲノムのドラフト配列が公開された.細胞の形質転換法の確立やレポーター遺伝子の整備も進み,高等植物(シロイヌナズナ)と原核光合成微生物(シアノバクテリア)との間の橋渡しをするモデル生物として利用されている.光合成を行ない鞭毛によって泳ぎ回るこのユニークな単細胞性の緑藻(鞭毛虫)には,太古の原始細胞が植物細胞や動物細胞に分岐した進化のヒントが秘められている.ここでは,クラミドモナスの特徴について概説するとともに,クラミドモナス実験室株の入手法や培養法について述べる.
Chlamydomonas reinhardtii is a biflagellate green alga, which has the simplest system in photosynthetic eukaryote. Moreover, the draft genome sequence of Chlamydomonas that has features similar to both plants and animals has been released in 2007. In this chapter, we introduce the characteristics of this unicellular organism and how to obtain and maintain the laboratory strains.
Description: 1章 植物・藻類・細菌の材料の入手と栽培・培養 3
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39085
Appears in Collections:低温科学 = Low Temperature Science > 第67巻

Submitter: 低温科学研究所図書室

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University