HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第67巻 >

ゼニゴケの培養法

フルテキスト
67-005.pdf1.21 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/39086

タイトル: ゼニゴケの培養法
その他のタイトル: The basics of cultivating the liverwort Marchantia polymorpha L.
著者: 大和, 勝幸 著作を一覧する
石崎, 公庸 著作を一覧する
河内, 孝之 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
引用: 光合成研究法. 北海道大学低温科学研究所, 日本光合成研究会共編
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 67
開始ページ: 23
終了ページ: 29
抄録: ゼニゴケは,陸上植物の進化を考える上では基部陸上植物の1つとして鍵となる存在である.近年,形質転換法やゲノム情報などの分子生物学的ツールが整備され,実験生物として注目されはじめている.新たなモデル植物としてのゼニゴケの特性を紹介しつつ,その基本的な扱いについて紹介する.
The liverwort Marchantia polymorpha L. is one of the basal land plants that occupies a key position in the evolutionary tree of land plants. This inconspicuous plant is easy to grow, cross, and transform, and its genomic resource is being accumulated, which has made it an emerging model plant. Here we describe basic protocols to culture, cross, and store M. polymorpha plants and cultured cells.
記述: 1章 植物・藻類・細菌の材料の入手と栽培・培養 4
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39086
出現コレクション:第67巻

提供者: 低温科学研究所図書室

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学