HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第67巻 >

微気象学的な測定(渦相関法による測定)

フルテキスト
67-021.pdf1.25 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/39110

タイトル: 微気象学的な測定(渦相関法による測定)
その他のタイトル: CO2 flux measurement using eddy-covariance method
著者: 斎藤, 琢 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
引用: 光合成研究法. 北海道大学低温科学研究所, 日本光合成研究会共編
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 67
開始ページ: 129
終了ページ: 136
抄録: 群落スケールのCO2交換量の計測手法の一つとして微気象学的な測定が挙げられる.本章では,微気象学的手法の一つである渦相関法を用いたCO2交換量計測を中心に紹介する.
To assess budgets of CO2 exchange between the biosphere and atmosphere, long-term measurements have been carried out using eddy-covariance method over various ecosystems worldwide. In this chapter, we introduce eddy-covariance method. Especially, principle of measurements, calculation process of fluxes, and quality control of flux data has been described.
記述: 2章 個体・環境の測定 2. 個体から群落スケールのCO2ガス交換 b. 群落の物質生産 b-4
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39110
出現コレクション:第67巻

提供者: 低温科学研究所図書室

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学