HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第67巻 >

酸化還元滴定

フルテキスト
67-075.pdf697.41 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/39190

タイトル: 酸化還元滴定
その他のタイトル: Redox titration for electron transfer proteins
著者: 永島, 賢治 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
引用: 光合成研究法. 北海道大学低温科学研究所, 日本光合成研究会共編
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 67
開始ページ: 545
終了ページ: 550
抄録: 電子伝達反応の向きと速度は,供与体と受容体それぞれの電子親和性の違い,すなわち酸化還元中点電位(Em)の差に大きく依存する.この酸化還元中点電位を実験により求める方法として酸化還元滴定がある.本章では化学的方法による酸化還元滴定を中心に紹介する.
Redox midpoint potential is an important factor as a determinant of the direction and the rate of electron transfer. Here, methods of titration to determine the redox midpoint potentials of electron transfer proteins are described.
記述: 4章 分光測定 4
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39190
出現コレクション:第67巻

提供者: 低温科学研究所図書室

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学