HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第2号 >

アルフレッド・マーシャルの共感の概念 : マーシャル経済学における教育の役割との関連をめぐって

Files in This Item:
59-2_005.pdf10.73 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/39322

Title: アルフレッド・マーシャルの共感の概念 : マーシャル経済学における教育の役割との関連をめぐって
Other Titles: A Study on the Concept of Sympathy for Alfred Marshall : Focusing on the Role of Education in Marshall’s Economics
Authors: 松山, 直樹1 Browse this author
Authors(alt): Matsuyama, Naoki1
Keywords: アルフレッド・マーシャル
初期心理学研究
共感の概念
教育の役割
人間本性の柔軟性
Issue Date: 10-Sep-2009
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 59
Issue: 2
Start Page: 57
End Page: 80
Abstract: 共感の概念は,スコットランド啓蒙哲学において重要な位置を占める概念である。アルフレッド・マーシャルは初期心理学研究において共感の原理について議論を展開した。マーシャル経済学における共感の概念は,人間と社会の相関的進歩を描く彼の経済成長理論を基礎づけるものである。ところが,先行研究では,初期心理学研究と経済学とを結びつけるものとしての共感の概念について具体的に議論されていない。そこで,本研究は,マーシャルの初期心理学研究を踏まえ,彼が経済学の研究に従事する以前から一貫して共感の概念を用いていたことを考察する。さらに,その概念がマーシャル経済学において教育の役割と密接に関係づけられていることを指摘する。この分析の結果,マーシャルが,H.スペンサーを介するかたちで,A.スミスの『道徳感情論』から影響を受けていたことが明らかとなる。マーシャル経済学において,共感の概念は,教育を通じて「想像上の立場の交換」を人々に身に付けさせる。したがって,共感の概念に関する議論を踏まえることによって,初めて,マーシャルの経済成長理論の前提とされる「人間本性の柔軟性」という言葉の意味を十全に理解できるのである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39322
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第59巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University