HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

日本魚病学会大会KHVシンポジウム(その2). コイヘルペスウイルス (KHV) の環境水中での生存性およびその効果的不活化・消毒法について

Files in This Item:
yoshimizu-225.pdf612.42 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/39502

Title: 日本魚病学会大会KHVシンポジウム(その2). コイヘルペスウイルス (KHV) の環境水中での生存性およびその効果的不活化・消毒法について
Authors: 吉水, 守 Browse this author →KAKEN DB
清水, 智子 Browse this author
笠井, 久会 Browse this author →KAKEN DB
Issue Date: 10-Dec-2005
Publisher: 新日本教育図書
Journal Title: 鱗光
Volume: 45
Issue: 8
Start Page: 89
End Page: 96
Abstract: ・KHVは湖水,河川水,底泥中において1~3日で不活化した.さらにKHVは活性汚泥中でも1日以内で不活化した.・in vivoの試験においても,環境水中で3日間保持したKHV懸濁水中でコイは死亡しなかった。死亡魚からはウイルスが再分離・検出された.・河川水およびコイの腸内容物から分離した細菌の中に抗KHV活性を示す細菌が存在した.・KHVは50℃以上,1分間の処理で完全に不活化した.・KHVは4.0×10^3μW•sec/cm2の紫外線照射により99.9%以上不活化された.・KHVを不活化するのに要する各消毒液の有効成分濃度は, イソジンでは200mg/L,オスバンでは60mg/L,エタノールでは30%であった.・次亜塩素酸ナトリウムでは,有効塩素濃度200mg/Lの場合,15,25℃での不活化率は90%程度であったが,終濃度測定法では,有効塩素濃度0.30mg/Lで不活化した.実用的には,その10倍量(3mg/L)が推奨される.
Description: 日本魚病学会の講演内容を記事として編集したもの(講師:吉水守)
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/39502
Appears in Collections:水産科学院・水産科学研究院 (Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 吉水 守

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University