HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
電子科学研究所  >
雑誌発表論文等  >

格子力学系の最近の進展

フルテキスト
nishiura-66.pdf604.44 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40014

タイトル: 格子力学系の最近の進展
その他のタイトル: Receht Progress of Lattice Dynamical System
著者: Chow, Shui-Nee 著作を一覧する
Mallet-Paret, John 著作を一覧する
西浦, 廉政 著作を一覧する
発行日: 1997年12月 1日
出版者: 日本応用数理学会
誌名: 応用数理 = Bulletin of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics
巻: 7
号: 4
開始ページ: 283
終了ページ: 292
抄録: 格子力学系理論における最近の進歩を概観する.とりあげる話題は,パターン形成,空間カオス,分岐パターン,進行波及び伝播停止現象である.さらにモザイク解と呼ばれる平衡状態についても論ずる.モザイク解とは各格子の要素が,+1,-1及び0のみからなる定常状態であり,そのような解の安定性の判定基準も与える.また,任意の安定解に対する空間エントロピーhを定義し,パラメータによっていかにこの値が変化して行くかも考察する.系は,hの値が,0(パターン形成)か正の値(空間カオス)かにより定性的に区別される.
We survey recent advances in the theory of lattice dynamical systems. Among the topics discussed are pattern formation and spatial chaos, bifurcation of patterns, and traveling waves and propagation failure. We also discuss a class of equilibria called mosaic solutions, which are composed of the elements +1, -1, and 0, placed at each lattice point. A stability criterion for such solutions is given. The spatial entropy h of the set of all such stable solutions is defined, and we study how this quantity varies with parameters. Systems are qualitatively distinguished according to whether h=0 (termed pattern formation), or h>0 (termed spatial chaos).
記述: 和訳:西浦廉政
特集 力学系理論―応用数理における新しい展開
Rights: © 1997 日本応用数理学会
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/40014
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 西浦 廉政

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学