HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

舗装用アスファルトの低温ぜい性

フルテキスト
moriyoshi_JJPI35_208.pdf471.91 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40023

タイトル: 舗装用アスファルトの低温ぜい性
その他のタイトル: Low Temperature Properties of Asphalts for Pavements
著者: 森吉, 昭博 著作を一覧する
後藤, 英一 著作を一覧する
キーワード: Asphalt
Pavement
Low temperature fracture
発行日: 1992年 3月 1日
出版者: 石油学会
誌名: 石油学会誌
巻: 35
号: 2
開始ページ: 208
終了ページ: 211
抄録: 本研究は,2種の舗装用アスファルトの製油所またはデポから舗設された舗装体より回収したアスファルトに至るまで一貫して主に森吉ぜい化点試験を実施し,このぜい化点が採取した場所や日時等によりどの程度変動するかについて検討している。実験の結果,以下の点が明らかにされた。低温ひびわれ防止用に作成された柔らかいアスファルトのぜい化点は全体にバラツキが少ない。また,2種のアスファルトのぜい化点は互いに著しく異なり,これらのぜい化点は採取した場所や日時により変動し,これらのアスファルトの移動と共に次第に高くなり,ぜい化点の変化量は必ずしも針入度や軟化点の変化とは対応していない。一方,プラント採取のアスファルトのぜい化点は薄膜加熱試験後および回収アスファルトの各ぜい化点と極めて似た値となり,回収アスファルトのぜい化点はプラント採取のアスファルトのぜい化点の動きにも対応して動く。
This paper describes the results of Moriyoshi breaking point test, penetration test and softening point test of asphalts for asphaltic pavements sampled at refinery, depot, plant and from recovered asphalts. In this study, it is concluded as outlined below. The Moriyoshi Breaking Point (MBP) temperature of asphalts at those sites are remarkably different from each other and MBP temperatures change with the date and site. MBP temperatures change with the movement from refinery to depot, from depot to plant and from plant to pavement, gradually rising with these movements. While, MBP temperatures do not necessarily change with the change of penetration and softening point of asphalts, and those temperatures of asphalts picked up at the plant are similar with the results of recovered asphalt and asphalt of Thin Film Oven Test.
記述: ノート
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/40023
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森吉 昭博

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学