HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

アスファルトの低温領域における破壊ひずみ

フルテキスト
moriyoshi_JJPI35_353.pdf585.36 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40024

タイトル: アスファルトの低温領域における破壊ひずみ
その他のタイトル: Fracture-strain of Asphalt at Low Temperature
著者: 森吉, 昭博 著作を一覧する
川村, 和将 著作を一覧する
キーワード: Asphalt
Fracture strain
Bending test
Fraass breaking point test
発行日: 1992年 7月 1日
出版者: 石油学会
誌名: 石油学会誌
巻: 35
号: 4
開始ページ: 353
終了ページ: 357
抄録: 本研究は低温領域におけるアスファルトの破壊ひずみの値および破壊ひずみが温度,載荷速度等によりどのように変動するか検討したものである。実験は著者らが新たに開発したもので,あらかじめひずみを測定した鋼板にアスファルトを塗布し,それをフラースぜい化点試験機に装着し一定温度で曲げ作用を与え,様々な温度のアスファルトの破壊ひずみを求めるものである。実験により,以下の結果を得た。温度が低下するに伴い破壊ひずみは減少し,最小ひずみに漸近した。アスファルトの温度-破壊ひずみ曲線は,載荷速度等の条件により温度軸方向に平向移動し,その形状はほぼ一定であると考えられる。また,載荷速度を遅くした場合,その曲線は温度軸方向に平行移動した
This paper describes fracture-strain of asphalts and affects on variables by temperature, speed of loading, etc., at low temperatures. The authors developed a new bending method, by which fracture-strain of asphalt can be measured in various temperatures. The fracturestrain of asphalt is measured by the Fraass breaking point test machine at varied temperature. In this study, it is concluded as follows: The fracturestrain decreased with lowered temperature and reached minimum strain at a low temperature. When speed of loading was changed, the strain-temperature curve shifted parallel to the temperature axis while its shape remained the same. When the speed of loading was reduced, the curve shifted parallel to the temperature axis.
記述: ノート
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/40024
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森吉 昭博

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学