HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

Deformation Properties of Asphalt Mixture on Various Loading Conditions for Wheel Tracking Test

フルテキスト
moriyoshi_JJPI48_260.pdf1.42 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40071

タイトル: Deformation Properties of Asphalt Mixture on Various Loading Conditions for Wheel Tracking Test
その他のタイトル: 載荷条件の異なるホイールトラッキング試験におけるアスファルト混合物の変形特性
著者: Kondo, Takashi 著作を一覧する
Moriyoshi, Akihiro 著作を一覧する
Yoshida, Takaki 著作を一覧する
Takahashi, Shouichi 著作を一覧する
Imai, Takeshi 著作を一覧する
キーワード: Asphalt mixture
Wheel tracking test
Loading condition
Reciprocating motion
One-way motion
Brake motion
発行日: 2005年
出版者: Japan Petroleum Institute
誌名: Journal of the Japan Petroleum Institute
巻: 48
号: 5
開始ページ: 260
終了ページ: 271
出版社 DOI: 10.1627/jpi.48.260
抄録: The movement characteristics of aggregates in asphalt mixtures were investigated with wheel tracking tests under the following loading conditions: reciprocating motion, one-way motion, and one-way motion with braking. The outside wheel tracking tests used fine and gap graded (13F) asphalt mixtures. The tests showed that the amount of rutting in one-way motion was larger than that in reciprocating motion. In the case of reciprocating motion, the surface heaved up at the right load end. In the case of one-way motion, the surface heaved up at the point 50 mm from both contact ends of the tire. Consolidation caused the rutting phenomenon during reciprocating motion, and flow caused the rutting phenomenon during one-way motion, based on the movement of aggregates as viewed from the right-angle direction to the loading. Therefore, the rutting phenomenon including the deformation in the transverse direction can be analyzed by wheel tracking tests based on one-way motion, or reciprocating motion, using the conventional wheel tracking test. However, in the case of rutting during one-way motion with braking, the movement of aggregates in the wheel direction caused by tire friction was larger than movement in the depth direction. The inside of the asphalt mixture was dragged by tire friction in the wheel direction. Therefore, at locations where brake operation is frequently needed, the rutting phenomenon caused by flow and abrasion will be greater.
室外で作製した細粒度ギャップアスファルト混合物(13F)に関して,往復走行,一方向走行およびブレーキ走行が可能なホイールトラッキング(WT)試験機を用いて,ホイールトラッキング試験中における内部の骨材の動きの違いを明らかにした。解析結果より,ホイールトラッキング試験による走行荷重直下のわだち掘れは往復走行より一方向走行の方が大きくなり,側方部の隆起は往復走行では荷重端部の右側で生じ,一方向走行では荷重端部から50 mm程度離れた箇所に生じた。また,荷重直角方向の骨材の動きより,往復走行では圧密によるわだち掘れが主であり,一方向走行では流動によるわだち掘れが主であることが明らかとなった。この結果から,WT試験は往復走行とともに,実際のアスファルト舗装と同様の走行方法である一方向走行も行うことが,横断方向への変形も含めたわだち掘れ現象の解明につながると考えられる。ブレーキ走行を行った結果より,タイヤの摩擦による骨材の動きは鉛直下方向よりも走行方向の方が大きい。これは,タイヤの摩擦によりアスファルト混合物の内部が走行方向へ引きずられるためである。よって,車両のブレーキ操作が頻繁に必要となる場所では,流動によるわだち掘れおよび摩耗によるわだち掘れが生じると考えられる。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/40071
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森吉 昭博

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学