HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
スラブ・ユーラシア研究センター  >
スラヴ研究 = Slavic Studies >
45 >

19世紀から20世紀初頭にかけての右岸ウクライナにおけるポーランド・ファクター

フルテキスト
45_101-138.pdf3.03 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40177

タイトル: 19世紀から20世紀初頭にかけての右岸ウクライナにおけるポーランド・ファクター
その他のタイトル: Polish Factors in Right-Bank Ukraine from the Nineteenth to the Early Twentieth Century
著者: 松里, 公孝 著作を一覧する
発行日: 1998年 3月31日
出版者: 北海道大学スラブ研究センター
誌名: スラヴ研究 = Slavic Studies
巻: 45
開始ページ: 101
終了ページ: 138
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40177
出現コレクション:45

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学