HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第109号 >

ボランティア活動の継続・発展とボランティア組織の構造 : 福祉ボランティア活動を事例に

フルテキスト
109_003.pdf419.04 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.109.51

タイトル: ボランティア活動の継続・発展とボランティア組織の構造 : 福祉ボランティア活動を事例に
その他のタイトル: An Investigation of Factors for Sustainable Development of Voluntary Organizations : The Analyses of "Volunteer Space" in a Grass-root Group Involving in Social Welfare Activites
著者: 宋, 美英 著作を一覧する
キーワード: ボランティア組織
マネジメント
継続性
4類型
意志疎通
発行日: 2009年12月21日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 109
開始ページ: 51
終了ページ: 80
抄録: 本研究の目的は,地域社会のニーズに応える「ボランティア組織」が活動を継続的に行う際に必要になる,会の「ミッション」,会員の「リクルート」,活動経費,活動をすすめるための「学習」についてメンバーがどのように考えているのかを検討することである。札幌市の「Fボランティア」のメンバーを対象にした配布調査の分析に基づき,メンバーを4類型(コアメンバー,周辺I,周辺II,外延)に区分したうえで,詳細な面接調査を行った。その結果,ボランティア組織の「ミッション」や会員の「リクルート」など組織の継続・発展に関わる重要な問題について意見の不一致や対立がみられ,それは,とくにコアメンバーの内部において意見の違いがより顕著であることが明らかになった。組織の核であるコアメンバーは,意見の不一致や違いに気づき,意思疎通する機会を設け,会の課題について会全体で意見を交換する場を持つことが求められる。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/40218
出現コレクション:第109号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学