HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
情報科学研究科  >
雑誌発表論文等  >

屋内伝搬実験に基づく 2×2 MIMO-SDM の特性評価

フルテキスト
j87-b_9_1442.pdf2.65 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/42652

タイトル: 屋内伝搬実験に基づく 2×2 MIMO-SDM の特性評価
その他のタイトル: Performance Evaluation of 2×2 MIMO Space Division Multiplexing Based on Indoor Propagation Measurement
著者: 西本, 浩 著作を一覧する
小川, 恭孝 著作を一覧する
西村, 寿彦 著作を一覧する
大鐘, 武雄 著作を一覧する
キーワード: MIMOシステム
空間分割多重方式
見通し内環境
チャネル相関
固有値分布
発行日: 2004年 9月 1日
出版者: 電子情報通信学会
誌名: 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B
巻: J87-B
号: 9
開始ページ: 1442
終了ページ: 1453
抄録: 従来,MIMOシステムに空間分割多重方式を適用させるMIMO-SDMの研究では,送受信アンテナ間のチャネルは独立なレイリーフェージング環境と仮定されることが多く,この仮定のもとでは,受信側での処理により信号ストリームの分離検出が可能となる.本論文では,チャネル間の独立性が崩れる可能性のある,見通し内伝搬路で行った5.2GHz帯での伝搬実験結果から,そのような環境における2×2 MIMO-SDMの有効性を検証し,見通しとならない環境における特性との比較を行っている.また,同様の実験を電波暗室でも行い,極めてマルチパス波の少ない環境でのMIMO-SDMの挙動を紹介する.これらの実験の結果,見通し内伝搬環境においても散乱波が存在する場合にはSDM方式が有効であること,見通し外伝搬環境に比べてアンテナ素子の配置等により,特性が大きく変動する傾向にあることが分かった.
記述: ワイヤレスパーソナル通信におけるアンテナ・伝搬の最新技術論文特集
Rights: copyright©2004 IEICE
Relation (URI): http://search.ieice.org/
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/42652
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 西本 浩

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学