HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第4号 >

インドネシア華人企業の労働市場 : ボゴール県の事例分析

フルテキスト
ES59-4_001.pdf43.95 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/42772

タイトル: インドネシア華人企業の労働市場 : ボゴール県の事例分析
その他のタイトル: The Labor Market of Chinese Enterprises in Indonesia
著者: 宮本, 謙介 著作を一覧する
キーワード: ジャカルタ首都圏
ファミリービジネス
分節的内部労働市場
労働格差
不安定就業
発行日: 2010年 3月11日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 4
開始ページ: 1
終了ページ: 7
抄録: 筆者はこれまでにインドネシア首都圏の労働市場調査を継続的に実施しており, 日系大手企業, 日系中小企業, 現地資本の中小零細企業, 都市雑業などの調査例があるが, 本稿はその延長線上に華人企業の労働市場について検討してみた。華人企業(グループ)は同国の産業界で大きな影響力をもっているものの, その企業内労働市場の実態はほとんど解明されていない。首都圏の階層化した労働市場の中で, その位置づけを与えることは緊要の課題である。 首都圏内ボゴール県に立地する華人企業の調査から, 家族経営ゆえの市場の閉鎖性, 昇進=昇給ルールが不明瞭で内部労働市場が未成熟であること, 経営者親族(間接員)と生産職の極端な賃金格差, 非正規生産職の短勤続・福利厚生欠如による不安定就業, などの諸特徴が検出できた。調査企業は規模からすれば大企業に属するが, その労働市場はむしろプリブミ資本の中小企業などと共通する側面が多く, 生産職の多数を占める非正規労働者は当該国の不安定就業階層の基本的特徴を共有している。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/42772
出現コレクション:第59巻第4号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学