HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第59巻第4号 >

マーシャルの初期心理学研究と経済学における人間研究の意義

フルテキスト
ES59-4_005.pdf124.89 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/42776

タイトル: マーシャルの初期心理学研究と経済学における人間研究の意義
その他のタイトル: The Significance of Human Study in Marshall's Early Research of Psychology and His Economics
著者: 松山, 直樹 著作を一覧する
キーワード: アルフレッド・マーシャル
初期心理学研究
人間研究
経済生物学
社会心理学
発行日: 2010年 3月11日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究 = Economic Studies
巻: 59
号: 4
開始ページ: 59
終了ページ: 76
抄録: アルフレッド・マーシャル(1842-1924)は,晩年に「再び人生を送らなければならないのなら, 私は人生を心理学に捧げるだろう。経済学は理想との関わりがあまりにも乏しい」と述べた。マーシャルの初期心理学研究は,人間の能力が発達する可能性を探求するものであり,人間本性を扱うものであった。ところが,1923年に出版された『産業と商業』(第四版)においてマーシャルは,当時の科学的水準において経済学が人間本性を扱うことができないと論じた。そこで本研究では,マーシャルが心理学研究から経済学へ研究領域を移行した原因,マーシャルの考えていた経済学の進むべき方向性,マーシャルが経済学に必要とした社会心理学と初期心理学研究との相違の明確化,これらの詳細な検討を行い,彼の理想が人間本性を研究対象にした初期心理学研究にあったことを析出する。このように,マーシャルの研究遍歴を俯瞰的に考察することによってはじめて,彼の学問体系において人間研究がいかに重要なものであったのかを明らかにすることができるのである。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/42776
出現コレクション:第59巻第4号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学