HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
法学研究科  >
知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal >
vol.21 >

均等論における本質的部分の要件の意義(1)均等論は「真の発明」を救済する制度か? (連続企画 特許発明の本質的部分の保護の適否(その1))

フルテキスト
21_1-30.pdf893.06 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43578

タイトル: 均等論における本質的部分の要件の意義(1)均等論は「真の発明」を救済する制度か? (連続企画 特許発明の本質的部分の保護の適否(その1))
著者: 田村, 善之 著作を一覧する
発行日: 2008年12月
出版者: 北海道大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「新世代知的財産法政策学の国際拠点形成」事務局
誌名: 知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal
巻: 21
開始ページ: 1
終了ページ: 30
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/43578
出現コレクション:vol.21

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学