HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
法学研究科  >
知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal >
vol.26 >

「シェ・ピエール」というフランス料理店の表示が全国周知ではないとされた事例 : 類似表示使用者の営業地域を分断した商品等表示使用差止命令の可能性〜広告宣伝が周知性肯定の資料となりうる要件の分析と共に

フルテキスト
26_293-350.pdf514.62 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43623

タイトル: 「シェ・ピエール」というフランス料理店の表示が全国周知ではないとされた事例 : 類似表示使用者の営業地域を分断した商品等表示使用差止命令の可能性〜広告宣伝が周知性肯定の資料となりうる要件の分析と共に
著者: 時井, 真 著作を一覧する
発行日: 2010年 1月
出版者: 北海道大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「新世代知的財産法政策学の国際拠点形成」事務局
誌名: 知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal
巻: 26
開始ページ: 293
終了ページ: 350
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/43623
出現コレクション:vol.26

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学