HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究院・経済学院  >
經濟學研究 = The economic studies >
第60巻第2号 >

観光業におけるホスピタリティの経済学的分析

フルテキスト
ES60-2_005.pdf257.37 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43919

タイトル: 観光業におけるホスピタリティの経済学的分析
その他のタイトル: Economic Analysis of Hospitality in Tourism Industry
著者: 小野, 浩 著作を一覧する
キーワード: 観光業
ホスピタリティ
観光商品
競争的ケース
独占的ケース
発行日: 2010年 9月 9日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究
掲載誌等別名: Economic Studies
巻: 60
号: 2
開始ページ: 101
終了ページ: 105
抄録: 観光業はホテル、飲食、交通などを含む複合的商品を取り扱っている。この複合商品を総称して観光商品というが、この商品の需要はホスピタリティ(おもてなし)という価値を付加することによって、商品価値を高めると一般的に理解されている。本論文は、このホスピタリティを経済学的に3つのケースに分けて分析している。(1)外生的ケース(2)内生的ケース及び(3)独占的ケースである。前者の2つは競争状態を仮定している。この論文ではホスピタリティを労働者の質向上と考える。外生的ケースでは、労働市場と接客業のノウハウを与える市場も競争的である。第2の内生的ケースでは、労働市場は競争的であるが、質的部分は個人の合理的時間配分により内生的に供給される。第3の独占的ケースでは、企業がホスピタリティの水準の決定に関して独占力を有している。この論文の主要な結果は、観光商品の価格が上昇すると、労働やホスピタリティの均衡数量は、独占的ケースより内生的ケース、さらに外生的ケースと大きくなる。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/43919
出現コレクション:第60巻第2号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学