HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
国際広報メディア・観光学院,メディア・コミュニケーション研究院  >
雑誌発表論文等  >

コンテンツと旅行行動の関係性 : コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて

フルテキスト
20100914_article.pdf527.17 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43961

タイトル: コンテンツと旅行行動の関係性 : コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて
その他のタイトル: A Study on Contents and Tourists Behavior : Construction of Contents-Tourism Study Theory
著者: 岡本, 健 著作を一覧する
キーワード: コンテンツツーリズム
旅行行動
情報社会
CGM(Consumer Generated Media)
Contents Tourism
Tourists Behavior
Information Society
CGM
発行日: 2010年 9月
誌名: 観光・余暇関係諸学会共同大会学術論文集
巻: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 8
抄録: 本論文は、コンテンツとツーリズムに関する研究を進めるための研究枠組み(コンテンツ=ツーリズム研究枠組み)の構築に向け、その全体像を整理した上で、主にコンテンツと旅行行動の関係に着目し、コンテンツと旅行行動に関する研究枠組みを構築することを目的とする。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/43961
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 岡本 健

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学