HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Information Initiative Center >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

進化計算におけるリンケージ同定

Files in This Item:
system_munetomo.pdf83.16 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/44483

Title: 進化計算におけるリンケージ同定
Authors: 棟朝, 雅晴 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: evolutionary computation
linkage identification
estimation of distribution algorithms
Issue Date: 15-Oct-2008
Publisher: システム制御情報学会
Journal Title: システム/制御/情報
Volume: 52
Issue: 10
Start Page: 362
End Page: 367
Abstract: 遺伝的アルゴリズムにおいて最も重要な遺伝的操作である交叉を効果的に適用するためには、互いに関連する遺伝子を密に符号化することが必要とされている。なぜなら、ビルディングブロックを構成する遺伝子が密に符号化されていない場合、単純な交叉によりそれら有用なビルディングブロックが容易に破壊され、交叉が正しく働かないためである。しかしながら、一般の問題において密な符号化を保証することは困難な場合も多いので、互いに関連する遺伝子を同定し、その情報をもとにした交叉を行うリンケージの同定・学習に関する手法が数多く開発されている。以下では、我々が開発してきた、非線形性尺度および非単調性尺度にもとづくリンケージ同定手法を中心として、リンケージ同定に関連する手法をサーベイする。
Description: 「進化計算の新展開特集号」解説
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/44483
Appears in Collections:情報基盤センター (Information Initiative Center) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 棟朝 雅晴

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University