HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第69巻 >

キイロショウジョウバエ種群における交尾器形態の進化 : その機能研究に関するレビュー

フルテキスト
LTS69_007.pdf713.76 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/45188

タイトル: キイロショウジョウバエ種群における交尾器形態の進化 : その機能研究に関するレビュー
その他のタイトル: The evolution of genitalia in the Drosophila melanogaster species group : a review on the studies of genital functions
著者: 上村, 佳孝 著作を一覧する
三本, 博之 著作を一覧する
発行日: 2011年 3月31日
出版者: 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
引用: 生物進化研究のモデル生物群としてのショウジョウバエ. 北海道大学低温科学研究所編
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 69
開始ページ: 39
終了ページ: 50
抄録: 動物の交尾器, 特にオス交尾器の形態は, 他の形態形質よりも進化・多様化が速い傾向にあり, その機構について議論が続いている. 本稿では, モデル生物であるキイロショウジョウバエを含むキイロショウジョウバエ種群について, 交尾器形態の機能とその進化に関わる研究についてレビューした. オス交尾器による創傷行動の発見により, 従来の研究では見出されてこなかった, オス交尾器に対応した多様性がメス交尾器の側にも同定されるようになった. しかし, メス交尾器の多様性は, 柔軟な膜質構造の形態変化によるものが多い. 交尾時の雌雄交尾器の対応関係の把握は, そのような旧来の手法では観察の難しい構造の特定を容易にし, 種間比較や操作実験による機能の研究に足がかりを与える. そのため手法の一つとして, 交尾中ペアを透明化する技術を紹介し, 本種群が交尾器研究のモデル系となる可能性を示す.
Animal genitalia, especially those of males, generally evolve more rapidly compared to other morphological traits. The driving forces underlying such evolutionary trends are much debated. In the present article, we review evolutionary and functional studies on the genitalia of drosophilid flies (Diptera) belonging to the Drosophila melanogaster species group. Despite that the male genitalia of this group show astonishing diversity, previous studies failed to detect any species-specific differences in female morphology that corresponded to interspecific differences in the male genital morphology. However, recent discovery of copulatory wounding behavior, that is, the phenomenon that male genitalia inflict wounds on the genitalia of the mate,enabled us to identify counter-evolutions in the female genitalia. Such diversification in the female genitalia is mainly represented as modifications in the soft membraneous regions. With description of a newly developed transparentizing technique of mating pairs, we discuss the potential of this species group to be a model research system of genital evolution.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/45188
出現コレクション:第69巻

提供者: 低温科学研究所図書室

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学