HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
北方人文研究 = Journal of the Center for Northern Humanities >
第4号 = No.4 >

An Udihe Folktale Text: “Solomo and Tausima”

Files in This Item:
TUMAGARI.pdf5.51 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/45283

Title: An Udihe Folktale Text: “Solomo and Tausima”
Other Titles: ウデヘ語民話テキスト : 「ソロモとタウシマ」
Authors: Tsumagari, Toshiro1 Browse this author
Authors(alt): 津曲, 敏郎1
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 北海道大学大学院文学研究科北方研究教育センター
Journal Title: 北方人文研究
Journal Title(alt): Journal of the Center for Northern Humanities
Volume: 4
Start Page: 75
End Page: 93
Abstract: ここに紹介するのは、A.カンチュガ氏によるウデヘ語自伝テキスト第2巻に収められた民話 (nima ku)の1篇である。原著者自身によるロシア字表記と録音をもとに、ローマ字音韻表記にあ らため、文法分析と英訳を加えた。話のあらすじは次のとおり: ソロモという若者が嫁をもらったが、この嫁の正体はキツネで、あるとき夫を槍で刺し殺し、 棺に入れて川に流す。棺は途中二度にわたり、下流に住む女の岸に流れ着くが、いずれもかかわ りを嫌った女たちによって流れに押し戻されてしまう。三度目にたどり着いた岸で、タウシマと いう女に引き上げられるが、棺の中には髪の毛と小指しか残っていなかった。彼女はみずから シャーマンの儀式を行って、三日後に若者の身体と命を取り戻す。二人は一緒に暮らし始め、や がて結婚して、ソロモの両親のいる故郷の上流に向かって漕ぎ出す。途中で例の二人の女のもと に寄るが、事情を知って悔んだ女たちはそれぞれ首をくくってしまう。故郷の近くでもとの妻で あるキツネに出会い、彼女がソロモの幸せを願いながら両親の面倒を見ていたことを知る。タウ シマとともに両親のもとに帰り、四人で暮らし始める。ソロモとタウシマは長生きしてたくさん の子どもに恵まれた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/45283
Appears in Collections:北方人文研究 = Journal of the Center for Northern Humanities > 第4号 = No.4

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University