HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第32巻 第1号 >

歯科矯正学臨床基礎実習におけるルーブリックと振り返りに関するアンケート調査

Files in This Item:
06_sato_gencho②.pdf1.53 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47234

Title: 歯科矯正学臨床基礎実習におけるルーブリックと振り返りに関するアンケート調査
Other Titles: Questionnaire survey for using rubric and reflection in the basics of dental practice in orthodontic
Authors: 佐藤, 嘉晃1 Browse this author
岩崎, 弘志2 Browse this author
山方, 秀一3 Browse this author
日下部, 豊寿4 Browse this author
菅原, 由紀5 Browse this author
金, 壮律6 Browse this author
梶井, 貴史7 Browse this author
金子, 知生8 Browse this author
山本, 隆昭9 Browse this author
吉村, 学10 Browse this author
八若, 保孝11 Browse this author
飯田, 順一郎12 Browse this author
Authors(alt): Sato, Yoshiaki1
Iwasaki, Hiroshi2
Yamagata, Shuichi3
Kusakabe, Toyohisa4
Sugawara-Kato, Yuki5
Kim, Takenori6
Kajii, Takashi7
Kaneko, Tomoo8
Yamamoto, Takaaki9
Yoshimura, Manabu10
Yawaka, Yasutaka11
Iida, Junichiro12
Keywords: ルーブリック
振り返り
ポートフォリオ
アンケート調査
Issue Date: 15-Sep-2011
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 32
Start Page: 55
End Page: 61
Abstract: 近年,アウトカム基盤型教育の浸透とともに,ポートフォリオの使用が学習ツールとしても評価としても重要視されている.現在,歯科矯正学臨床基礎実習の4年次前期に行われる症例分析・診断学実習に対しては,将来的なポートフォリオの導入も視野に入れ,「ルーブリック」と「振り返り」を導入している.今回われわれは,この「ルーブリック」と「振り返り」が学習者である学生にとってどの程度の効果があったかを調べるためにアンケートを行った.対象は2010年の4年次学生55名である.これら学生に対して,症例分析・診断学実習における「ルーブリック」および「振り返り」について各々に無記名式のアンケートを行った.アンケート内容はルーブリックや振り返りの効果や実習への反映を問うものである.結果より,「ルーブリック」「振り返り」ともに,学習ツールと しての有効性を認める学生が多かった事,アウトカムの重要性や振り返りを認識できた学生が少なからずいた事,がわかった.一方,「ルーブリック」は日常の学習への反映と言う点ではうまくできていない学生もみられた.これらより,「ルーブリック」「振り返り」の利用は歯科矯正学臨床基礎実習にとって有効である事が示唆された.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/47234
Appears in Collections:北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science > 第32巻 第1号

Submitter: 佐藤 嘉晃

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University