HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

伸びひずみに伴い減少する変形係数に基づいた構成方程式のせん断場や厚肉円筒への応用

Files in This Item:
MMIJ,1999.pdf228.55 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47409

Title: 伸びひずみに伴い減少する変形係数に基づいた構成方程式のせん断場や厚肉円筒への応用
Authors: 藤井, 義明 Browse this author →KAKEN DB
石島, 洋二 Browse this author
Issue Date: Mar-1999
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 春季大会講演集. I, 資源編
Volume: 11
Abstract: 筆者らは岩石の圧縮試験において、軸ひずみ・周ひずみ・軸応力の軌跡が、これらを座標軸とする空間内のある平面上にほぼ位置することを見出し、この知見から、伸びひずみに伴い減少する変形係数に基づいたぜい性岩石の構成方程式を開発した(藤井・石島、1998)。この構成方程式は、主応力のうちの2つが等しい、すなわち、σ_1≥σ_2=σ_3、あるいは、σ_1=σ_2≥σ_3の応力状態に対応しており、定数を4つしか必要としないものの、ひずみ軟化を含む応力-ひずみの非線形挙動、圧縮強度が引張強度より大きい現象、封圧による圧縮強度の増加等を再現することができる。ここでは、本構成方程式を修正し平面ひずみ状態に対応させる。導いた構成方程式によりせん断試験、外圧や内圧を受ける厚肉円筒等の問題を解き解を示す。
Description: 資源・素材学会平成11年度(1999年)春季大会, 1999年3月29日~1999年3月31日,早稲田大学理工学部, 東京都.
Conference Name: 資源・素材学会平成11年度(1999年)春季大会
Conference Place: 東京
Type: proceedings (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47409
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University