HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
雑誌発表論文等  >

「詩の作り方を教へることは出来ません」 : 大正期「詩の作り方」が生成する「詩」概念についての一考察

フルテキスト
takemoto_kader0d.pdf461.45 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/47864

タイトル: 「詩の作り方を教へることは出来ません」 : 大正期「詩の作り方」が生成する「詩」概念についての一考察
著者: 竹本, 寛秋 著作を一覧する
キーワード: 詩の作り方
大正詩
詩作法
発行日: 2011年 9月
出版者: kader0d
誌名: kader0d
巻: 6
開始ページ: 64
終了ページ: 76
抄録: 大正期に刊行される「詩の作り方」と明治期に刊行される「新体詩の作法書」を比較し、大正期に現れる「詩の作り方を教えることはできない」という言説の特徴を分析した。「詩は教授不可能」という言説により、「詩」は「心のままに書けばよい」もの、誰にでも作ることのできるものとされる一方で、詩人の特殊な「個性」なければ生み出すことができないとものとして定位される。その結果、「詩」が卓越化される様相を明らかにした。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47864
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 竹本 寛秋

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学