HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
雑誌発表論文等  >

ソーシャル・キャピタル論の射程と宗教

フルテキスト
rsc01_01_027.pdf442.23 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/47981

タイトル: ソーシャル・キャピタル論の射程と宗教
その他のタイトル: The Perspective of Social Capital Theory and Religion
著者: 櫻井, 義秀 著作を一覧する
キーワード: ソーシャル・キャピタル
宗教
無縁社会
中範囲理論
教会
寺院
social capital
religion
no relationship society
middle range theory
congregation
temple
発行日: 2011年 4月
出版者: 「宗教と社会貢献」研究会
誌名: 宗教と社会貢献
巻: 1
号: 1
開始ページ: 27
終了ページ: 51
抄録: 本稿では、現代の宗教研究においてソーシャル・キャピタル論を導入する意義を確認したい。まず1 節で、「無縁社会」「孤族」と評される現代日本における社会的絆(ソーシャルキャピタル)の弱体化を概観する。次に、宗教の制度・組織に関わることにより互恵性・信頼が醸成され、社会参加や(民主主義・経済発展の基礎となる)市民社会の形成が進展するというソーシャル・キャピタル論の理論的射程を、理論の概要(2 節)、思想史的背景(3 節)、社会分析論(4 節)の諸点から検討する。事例の検討としては、アメリカのキリスト教(5節)とタイ上座仏教(6 節)を取りあげ、宗教がソーシャル・キャピタルと関係していることをどのような問題構成と方法論において実証していくのかを考察する。最後に、7 節の結論において理論と実証研究の課題を総括したい。
This paper evaluates the extent to which the theory of social capital contributes to religious studies that focus on various types of social engagement by religions. The first section illustrates the degrading social integration in contemporary Japan, which was described recently as a “no relationship society” and “isolated tribes.” It also describes how the public administration promotes the restoration of social capital that omplements social services for disabled and disadvantaged people. Next, sociological reviews are undertaken on the theoretical dimension (in the second section), philosophical thought (in the third section), and analytical framework (in the fourth section) in order to consider the hypothesis that involvement in a religious congregation develops the reciprocal and trusting consciousness so that social engagement and participation in civil society are well organized. Then the author considers the cases of American Christian hurches (in the fifth section) and Thai Theravada Buddhist temples (in the sixth section) and critically investigates previous research in terms of their perspective and methodology. Finally, in the conclusion, future challenges for this study will be proposed.
Rights: 『宗教と社会貢献』(ISSN:2185-6869)は、創刊号より最新号まで大阪大学学術情報庫 OUKA(Osaka University Knowledge Archive) にて全文公開いたします。
関連URI: http://ir.library.osaka-u.ac.jp/web/RSC/index.html
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/47981
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 櫻井 義秀

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学