HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

硝子張空間の設計初期段階における温熱環境簡易予測用ソフトウェアの有用性 −北海道の戸建住宅における硝子張空間の計画に関する研究(3)−

フルテキスト
AIJT,17(36),611-616.pdf782.2 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/49325

タイトル: 硝子張空間の設計初期段階における温熱環境簡易予測用ソフトウェアの有用性 −北海道の戸建住宅における硝子張空間の計画に関する研究(3)−
その他のタイトル: USEFULNESS OF COMPUTER SOFTWARE FOR SIMPLIFIED SIMULATION OF THERMAL ENVIRONMENT ON THE EARLY STAGE OF DESIGNING OF GLASSED-IN SPACES - A study on planning of glassed-in spaces of detached houses in Hokkaido (part 3) −
著者: 森田, 謙太郎 著作を一覧する
森, 傑 著作を一覧する
キーワード: 硝子張空間
戸建住宅
積雪寒冷地
温熱環境
シミュレーション予測
設計支援
Glassed-in space
Detached house
Snowy cold region
Thermal environment
Simulation prediction
Design support
発行日: 2011年 6月20日
出版者: 日本建築学会
誌名: 日本建築学会技術報告集= AIJ Journal of Technology and Design
巻: 17
号: 36
開始ページ: 611
終了ページ: 616
出版社 DOI: 10.3130/aijt.17.611
抄録: Authors developed computer software for simplified simulation of thermal environment of glassed-in spaces. By using the software, this paper shows how to adjust the temperature of glassed-in spaces through the methodical analysis in different design conditions and climate conditions. It is found that the software is useful for designing of glassed-in spaces when the architect cannot empirically predict the thermal environment by changing design conditions. Besides, the software is especially useful in reduction of time and labor when the architect makes various studies and inputs many different conditions on the early stage of designing.
Rights: JST.JSTAGE/aijt/17.611
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/49325
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森 傑

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学