HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

山村暮鳥と石原純

Files in This Item:
2012178085.pdf316.47 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/50051

Title: 山村暮鳥と石原純
Authors: 竹本, 寛秋 Browse this author
Keywords: 山村暮鳥
石原純
日本近代詩
Issue Date: Sep-2012
Journal Title: 
Volume: 17
Start Page: 80
End Page: 85
Abstract: 「新短歌」の提唱者である石原純が、山村暮鳥の詩集『雲』をどのように自説へと接続したのかを問題にした。石原は、音数も用語も自由な新しい「短歌」の萌芽的表現として詩集『雲』をとらえている。石原には〈放置することによって自然に成長する日本語〉という論点があるが、本稿ではそれを川路柳虹の「新律格」の発想と比較し、同質性を明らかにした上で、石原純にとっての詩集『雲』の意味を位置づけた。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/50051
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP (Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 竹本 寛秋

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University