HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

Experimental Phase Equilibria in the Sr-Ca-Cu-O System Under Reduced Oxygen Atmosphere

フルテキスト
NS24-2_61-68.pdf496.13 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/50120

タイトル: Experimental Phase Equilibria in the Sr-Ca-Cu-O System Under Reduced Oxygen Atmosphere
著者: Suzuki, Ryosuke O. 著作を一覧する
Ogawa, Takamichi 著作を一覧する
Risold, Daniel 著作を一覧する
Gauckler, Ludwig J. 著作を一覧する
Ono, Katsutoshi 著作を一覧する
発行日: 1997年 3月31日
出版者: 日本熱測定学会
誌名: 熱測定 = Netsu Sokutei
巻: 24
号: 2
開始ページ: 61
終了ページ: 68
抄録: Phase equilibria were studied in the Sr-Ca-Cu-O system by annealing samples at 1153K in Ar-O2 gas mixtures. The stability ranges of the oxide solid solutions were observed by X-ray diffraction measurements especially at 4 compositions in 12 gas mixtures. 4 sets of invariant 4-phase equilibrium and their oxygen partial pressure, PO2, were deduced from the surrounding 3-phase equilibria. The compositions of the related phases were evaluated by combining EDX analysis and the sample compositions. These results are compared with equilibrium calculations based on thermodynamic modelling.
酸化物超伝導体に関係するSr-Ca-Cu-O系の相平衡関係を1153KでAr-O2混合ガスを用いて試料を焼鈍することにより調査した。酸化物は広い範囲で固溶体を形成したが、その酸素分圧に対する安定領域を粉末X線回折法で, 12種類のガス雰囲気, 4組成で調べた。実験的に得た3相平衡関係から新たに4種の不偏系4相平衡とその平衡酸素分圧を導出した。また関係する相の組成をEDXによる組成分析と試料組成から評価した。これらの実験結果を熱力学モデルに基づく平衡計算の結果と比較して検討した。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/50120
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 鈴木 亮輔

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学