HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第62巻第2号 >

所得はポーランド・リトアニアからEU内部への移民の基幹的動機ではない : 161人の移民者への直接インタビュー調査の結果から

Files in This Item:
ES_62(2)_001.pdf700.21 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/51727

Title: 所得はポーランド・リトアニアからEU内部への移民の基幹的動機ではない : 161人の移民者への直接インタビュー調査の結果から
Other Titles: Income is not the Primary Motivation for Migration in EU from Poland and Lithuania : From 161 Interviews Survey
Authors: 吉野, 悦雄1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Yoshino, Etsuo1
Keywords: 移民
EU
ポーランド
リトアニア
家族
Issue Date: 17-Jan-2013
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 62
Issue: 2
Start Page: 1
End Page: 13
Abstract: 著者は2007年から4年間, 両国からEUへの移民者に対して8都市で直接面接調査を行った。調査対象者はリトアニア人が89人, ポーランド人が72人であり, 合計で161人である。面接調査は対象者の母国語で行われ, 調査時間は自由会話を含めて1時間20分程度であった。英語・ポーランド語文献では, 30人以上のEU移民者と直接面接調査を行なった論文は皆無であった。その点で本稿は独自性を有している。まず各都市で, 一名のキー・パーソンを選び, 調査対象者を2名紹介してもらい面接を実施した。さらにその2名が知人を2名紹介してくれ, このような連鎖を通して一都市につき20名前後の調査を実施することができた。分析した相関関係の数は2, 701個あるが, そのうち117個の対立仮説が1%有意水準で棄却された。リトアニア人では「収入」目的の移民比率が, 「世界を見るため」を下回っていた。ポーランド人でも同様であった。録音テープの分析から, 161人のうち47人の移民目的が「家族愛・夫婦愛・親子愛」に分類されるべきものであった。それゆえ, 「所得」が移民の基幹動機ではなく「家族愛」が基幹動機であり, ついで「若者の夢・野心」, 次に「所得」の順であった。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/51727
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第62巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University