HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

部分的完全調査モンテカルロ法の提案とTACエージェントの意思決定への応用

Files in This Item:
110002973615.pdf910.91 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/52035

Title: 部分的完全調査モンテカルロ法の提案とTACエージェントの意思決定への応用
Other Titles: Proposal of Partially Exhaustive Investigation Monte Carlo Method and Application to Decision-making of the TAC Agent
Authors: 川村, 秀憲1 Browse this author →KAKEN DB
小野寺, 将輝2 Browse this author
大内, 東3 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): KAWAMURA, HIDENORI1
ONODERA, MASAKI2
OHUCHI, AZUMA3
Issue Date: 15-Dec-2005
Publisher: 情報処理学会
Journal Title: 情報処理学会論文誌
Volume: 46
Issue: 12
Start Page: 3218
End Page: 3227
Abstract: コンピュータゲームや電子商取引などにおけるエージェントの意思決定を設計する際, 状況によっては, ある意思決定に対して生起する結果が一意に決定されないという不確実性を含む場合があり, 生起する結果の確率を考慮に入れた意思決定の手法が必要となることがある.そのような際, 生起する結果の評価値の期待値を用いる方法が考えられるが, 計算コストに対する制約などにより実際に期待値の真値を計算することが困難な場合は, モンテカルロ法を用いて推定することが一般的である.本論文では, 生起確率が高い結果の列挙が容易である場合にサンプル数を増加させることなく期待値の推定精度を上げる部分的完全調査モンテカルロ法を提案し, 実験により提案手法の有効性を確認した.また応用例として, TAC CLASSICという多人数参加の取引ゲームのエージェント設計へ適用した.実験の結果, 提案手法を組み込んだ意思決定が不確実性を含むゲームにおいて有効であることが示された.
To design an autonomous-trading software agent for some kinds of game and electric commerce, the agent often has to cope with the situation that result of decision-making includes stochastic phenomena. In such case, it is necessary for the agent to consider expected evaluation value for possible results according to the probability of results, and Monte Carlo Method is generally used to calculate the expected evaluation value for such situation. In this paper, we suppose the situation that it is easy to enumerate high-probability results at low computation cost, and propose an improved version of Monte Carlo Method, i.e., Partially EXhaustive Investigation (PEXI) Monte Carlo Method. Moreover, we show the effectiveness of the proposed method by some computer experiments including the designing of TAC CLASSIC trading agent.
Rights: ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/52035
Appears in Collections:情報科学院・情報科学研究院 (Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 川村 秀憲

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University