HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

ウイルス性神経壊死症原因ウイルスに汚染したマツカワ受精卵のオゾン処理海水による消毒

Files in This Item:
article99.pdf654.11 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/53370

Title: ウイルス性神経壊死症原因ウイルスに汚染したマツカワ受精卵のオゾン処理海水による消毒
Other Titles: Disinfection of viral nervous necrosis virus contaminated fertilized barfin flounder eggs by ozonated seawater
Authors: 渡辺, 研一1 Browse this author
吉水, 守2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Watanabe, Kenichi1
Yoshimizu, Mamoru2
Keywords: 消毒
マツカワ
VNN
Verasper moseri
受精卵
オゾン処理海水
オキシダント
卵発生
Issue Date: 15-Nov-2000
Publisher: 日本水産学会
Journal Title: 日本水産学会誌
Journal Title(alt): Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries
Volume: 66
Issue: 6
Start Page: 1066
End Page: 1067
Publisher DOI: 10.2331/suisan.66.1066
Abstract: マツカワ受精卵の効果的で安全な消毒法について検討した。有効ヨウ素濃度50mg/lのヨード液で受精卵を15分間消毒しても, ふ化仔魚からPCRによりVNNウイルス遺伝子が検出されたが, 0.5mg/l濃度のオキシダントを含むオゾン処理海水で5分間消毒した場合は検出されなかった。受精卵の発生段階ごとにオゾン処理海水に対する感受性を比較した。モルラ期から嚢胚期では高いふ化率が得られ, モルラ期に0.5mg/l濃度のオキシダント海水に10分間浸漬する方法が, マツカワ受精卵のVNNウイルス対策に有効な消毒法と考えられた。
Description: 短報
Rights: © 2000 公益社団法人日本水産学会
© 2000 The Japanese Society of Fisheries Science
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/53370
Appears in Collections:水産科学院・水産科学研究院 (Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 吉水 守

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University