HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

野生シカによる農業被害と生態系改変 : 異なる二つの問題の考え方

Files in This Item:
65_2_117_126.pdf404 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/54807

Title: 野生シカによる農業被害と生態系改変 : 異なる二つの問題の考え方
Other Titles: Differences between measures for crop damage by deer and nature conservation
Authors: 揚妻, 直樹 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: 健全な自然
個体数管理
自然作用による制御
人為的影響
Issue Date: 1-Nov-2013
Publisher: 農山漁村文化協会
Journal Title: 生物科学
Volume: 65
Issue: 2
Start Page: 117
End Page: 126
Abstract: 野生シカに関して農作物被害と生態系への悪影響という二つの問題が起きている.どちらの問題に対しても,シカの個体数を駆除によって制御すれば問題が解決すると考えられてお り,実際そうした考えに基づく対策が長い間,継続されてきた.しかし,農作物を守ることと自然生態系を守ることは原理的に大きく異なる問題である.従って,異なる視点からの対策が求められる.ここでは,それぞれの問題はどういう発想で対処すべきかを考える.
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/54807
Appears in Collections:北方生物圏フィールド科学センター (Field Science Center for Northern Biosphere) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 揚妻 直樹

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University