HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

サロベツ原野南部における沖積層の水文地質構造と地下水流動

Files in This Item:
JJSEG.53(4).172-182.pdf14.84 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/54919

Title: サロベツ原野南部における沖積層の水文地質構造と地下水流動
Other Titles: Hydrogeological Structure and Groundwater Flow of Alluvium in the South Sarobetsu Moor
Authors: 酒井, 利彰1 Browse this author
井岡, 聖一郎2 Browse this author
五十嵐, 敏文3 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sakai, Toshiaki1
Ioka, Seiichiro2
Igarashi, Toshifumi3
Keywords: サロベツ原野
Sarobetsu moor
沖積層
alluvium
水文地質構造
hydrogeology
地下水流動
groundwater flow
Issue Date: 10-Oct-2012
Publisher: 日本応用地質学会
Journal Title: 応用地質
Volume: 53
Issue: 4
Start Page: 172
End Page: 182
Publisher DOI: 10.5110/jjseg.53.172
Abstract:  北海道北部サロベツ原野における沖積層の地下水流動系を評価することを目的として,地下水の現地調査により水文地質構造を明らかにし,その結果に基づく地下水のモデル計算を実施した.既往研究によると沖積層の地質は泥質主体である.沖積層のうち,最大海進期の粘土質堆積物であるHo-la層が難透水性を示し,観測された水理水頭の季節変化や地下水の水質からはHo-la層が上下の地下水流動を制限していると推定された.また,水理水頭は,サロベツ原野東端部の基盤岩周辺において最も高い値を示し,浅部や西側ほど低くなる傾向が観測された.この高い水理水頭値の形成には構造運動が関係すると推定した.地下水流動モデルを用いた解析により,高い水理水頭の分布範囲を推定した.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/54919
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 五十嵐 敏文

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University