HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
水産科学院・水産科学研究院  >
雑誌発表論文等  >

船を考慮したネット採集システムの運動モデル

フルテキスト
DL_nissuishi75(3)402-411.pdf601.89 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/55196

タイトル: 船を考慮したネット採集システムの運動モデル
その他のタイトル: A dynamic model of a towed sampling gear system including a vessel
著者: 米沢, 崇 著作を一覧する
藤森, 康澄 著作を一覧する
清水, 晋 著作を一覧する
木村, 暢夫 著作を一覧する
三浦, 汀介 著作を一覧する
キーワード: FMT
質点系モデル
トータルシステム
ネット採集具
発行日: 2009年 5月15日
出版者: 日本水産学会
誌名: 日本水産学会誌
巻: 75
号: 3
開始ページ: 402
終了ページ: 411
出版社 DOI: 10.2331/suisan.75.402
抄録: ネット採集システムの運動を,船の存在が考慮された形で表現することを試みた。このモデルでは従来,操作量として扱われることの多かった船速を状態量として扱うため,実システムにおける入出力関係をほぼ正確に表現できる。質点系モデルをラグランジュ方程式により記述し,システム要素のパラメータを仕様から求め当てはめた。北海道大学研究調査船うしお丸における FMT の実操業データを用いて検証をおこなったところ,モデルは曳網水深や船速の挙動を非常によく再現できることがわかった。
This paper describes a process of modeling a towed sampling gear system that consists of a towed net and a vessel. Two inputs into this model are blade angle of a controllable pitch propeller (CPP) and warp length. To represent the flexibility of warp, a lumped mass model was derived by using the Lagrange equation of motion. The system model of the FMT (Framed Midwater Trawl) and R/V Ushio Maru of Hokkaido University accurately simulated the motion of the system in operation.
Rights: ©2009 公益社団法人日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/55196
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 藤森 康澄

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学