HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
理学院・理学研究院  >
雑誌発表論文等  >

北限サンゴ礁から採取されたキクメイシ属サンゴ骨格中の酸素・炭素同位体比

フルテキスト
JCRS_11_83.pdf660.75 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/56143

タイトル: 北限サンゴ礁から採取されたキクメイシ属サンゴ骨格中の酸素・炭素同位体比
その他のタイトル: Oxygen and carbon isotopic compositions in Favia coral skeletons from the northernmost coral reef
著者: 渡邊, 剛 著作を一覧する
島村, 道代 著作を一覧する
山野, 博哉 著作を一覧する
キーワード: 北限サンゴ礁
キクメイシ属
酸素同位体比
炭素同位体比
骨格成長
northernmost coral reef
Favia coral
oxygen isotope
carbon isotope
skeletal growth pattern
発行日: 2009年12月
出版者: 日本サンゴ礁学会
誌名: 日本サンゴ礁学会誌 = Journal of the Japanese Coral Reef Society
巻: 11
号: 1
開始ページ: 83
終了ページ: 90
抄録: 世界で最も高緯度に位置する長崎県の壱岐サンゴ礁より採取されたキクメイシ属サンゴ骨格の酸素・炭素同位体比を莢壁と軸柱の骨格構造別に分析し,その結果を生育時の環境記録と比較を行った。その結果,軸柱と莢壁は形成のタイミングが異なっており,キクメイシ属サンゴの場合,莢壁の同位体比の方がより正確に環境を記録することがわかった。また,壱岐のキクメイシ属のサンゴ骨格は,主に水温や日射量などの環境変動を記録しており,今後,温帯域の古環境復元に用いることができる可能性があるが,より信頼性の高い指標として用いる場合は,分析に用いる骨格要素を厳密に選別しその形成時期を詳細に検討することが求められる。
We conducted oxygen and carbon isotopic analyses for Favia coral skeletons collected from Iki island, Japan, where the northernmost coral reef in the world occurs. Two skeletal structures, theca wall and columella in the single corallite were analyzed separately and compared with metrological factors during the growth period. The result suggested that two skeletal structures formed in different timing, and the isotopic signals in theca walls could be a more faithful environmental recorder such as past sea surface temperatures and insolation. Further investigations about selective sampling for chemical analysis based on skeletal growth mechanisms should be done prior to use the high-latitude Favia corals as a paleoenvironmental proxy.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/56143
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 渡邊 剛

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学