HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

海洋潮汐力に起因する比較的大きいひずみ速度による略南北走向の沈み込み帯での大潮における巨大地震の抑制

Files in This Item:
MMIJ2014,Spring Meeting,26-5.pdf345.05 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/58274

Title: 海洋潮汐力に起因する比較的大きいひずみ速度による略南北走向の沈み込み帯での大潮における巨大地震の抑制
Other Titles: Restriction of Giant Earthquake Occurrences during Spring Tides at Near NS Subduction Zones by Relatively High Strain Rate due to Tidal Stress
Authors: 藤井, 義明 Browse this author →KAKEN DB
杉本, 拓也 Browse this author
福田, 大祐 Browse this author →KAKEN DB
児玉, 淳一 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: 潮汐力
巨大地震
ひずみ速度
月齢
Issue Date: 26-Mar-2014
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 資源・素材学会春季大会講演集
Volume: 2014
Start Page: 26-5
Abstract: チリ・アラスカ・ニューギニア(SPRING)ではM8以上の巨大地震の発生は大潮に集中している。海洋潮汐力の振幅は大潮で大きいので、地震断層を滑らせるように作用する応力(以下、有効せん断応力と呼ぶ)の最大値も大きくなり、巨大地震の発生が集中すると説明できる。 ところが、ペルー・インドネシア・トンガ・日本・千島列島(NEAP)では、大潮でない特定の月齢に巨大地震が集中している。海洋潮汐力による有効せん断応力の振幅は、沈み込み帯の走向が東西だと小さく、南北だと大きい。SPRINGの走向は略東西でNEAPは略南北である。 そこで、花崗岩供試体に一定の圧縮応力(NEAPの小潮とSPRINGに対応)とわずかに変動する圧縮応力(NEAPの大潮に対応)とを繰り返し作用させたところ、変動が応力減少で始まる場合は全ての供試体が一定応力作用中に破壊した。変動が応力増加で始まる場合にも、供試体は必ずしも応力が平均値よりも大きくなったときに破壊するとは限らなかった。したがって、NEAPでは比較的大きいひずみ速度による断層の強度増加が大潮における巨大地震発生を抑制していると考えられる。
Description: 資源・素材学会 平成26年度春季大会、2014年3月26日(水)~28日(金)、東京大学 生産技術研究所、東京都
Conference Name: 資源・素材学会 平成26年度春季大会
Conference Place: 東京
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/58274
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University