HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

CCSやシェールガス採掘は深刻な地震活動を誘発する可能性がある

フルテキスト
MMIJ2014,Spring Meeting,25-1.pdf252.82 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/58275

タイトル: CCSやシェールガス採掘は深刻な地震活動を誘発する可能性がある
その他のタイトル: CCS and Shale Gas Extraction may Induce Severe Seismicity
著者: 高橋, 慧 著作を一覧する
藤井, 義明 著作を一覧する
キーワード: CCS
シェールガス
誘発地震
発行日: 2014年 3月26日
出版者: 資源・素材学会
誌名: 資源・素材学会春季大会講演集
巻: 2014
開始ページ: 25-1
抄録: 汚染水注入6事例(200~501286 m^3)、地熱回収5事例(塩水、4838~28771 m^3)について、注入体積と誘発地震の最大マグニチュードとの関係を求めた。これと並行して、我が国のM1.8~7.0の40個の地震についてマグニチュード・深度と最大震度との関係を求め、これらの式から、注入流体体積と最大震度との関係式を導いた。この関係式を米国のシェールガス採掘にも適用できるとすれば、一つのサイトにつき2.69~13.6 Mt/年の水が注入されているので、予想される最大震度は1年間で1.7~2.4、30年間で3.3~4.0となり、社会的に容認される震度 を1とすればこれを超える。また、この式が超臨界二酸化炭素の注入にも適用できるとすれば、IPCCにおけるCCSでの世界のCO2削減目標が2050年時点で17%なので、サイトの運転年数を30年と仮定した場合、我が国で発生するCO2の17%を一箇所のCCSサイトに注入すると、予想される最大震度は5.0となり、社会的に容認されない。最大震度を1以下に保ちつつ上記と同じ量のCO2を貯蔵するためのサイト数は2.2万基となり非現実的である。
記述: 資源・素材学会 平成26年度春季大会、2014年3月26日(水)~28日(金)、東京大学 生産技術研究所、東京都
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/58275
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 藤井 義明

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学