HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
国際広報メディア・観光学院,メディア・コミュニケーション研究院  >
雑誌発表論文等  >

地域のアニメフェスタにおける科学イベントを舞台とした越境的な学びと遊びの緩やかなデザイン

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
jset2015DentsuWatanabePosterHuscap.pdfPoster1.71 MBPDF見る/開く
JSET31thWatanabe5.pdf358.17 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/59978

タイトル: 地域のアニメフェスタにおける科学イベントを舞台とした越境的な学びと遊びの緩やかなデザイン
その他のタイトル: Relaxed Design for Boundary Crossing Learning and Play Staged on a Science Event at an Anime Festa in a Region
著者: 渡辺, 謙仁 著作を一覧する
キーワード: 非公式学習
越境学習
野火的活動
プレイ(遊演)
レイリー散乱
天文教育
発行日: 2015年 9月14日
出版者: 日本教育工学会
誌名: 日本教育工学会 第31回全国大会講演論文集 = Proceedings of the 31st annual conference of JSET
巻: 31
開始ページ: 927
終了ページ: 928
抄録: 普段自己が属する社会的文脈から別の文脈へ越境し,普段は学ぶことのない知識を得たり ,常識だと思い込んでいたことが相対化され新たな気づきを得たり,遊びの中で楽しみながら学んだりすること等は,非公式学習の意義だろう。そこで本研究では,北海道洞爺湖町の地域住民が手作りで運営している 「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」において ,越境的な学びと遊びをデザインした科学実験教室と天体観望会を企画した(天体観望会は雨で中止)。これらのイベントは,準備段階も含めて様々なアクターが越境的な学びと遊びを経験できるように仕掛けられていたものの,事前に完全設計されていたのではなく ,即興的でアドホックな学びと遊びにも開かれていた。
記述: 日本教育工学会 第31回全国大会. 2015年9月21日(月)~23日(水). 電気通信大学, 東京都.
資料タイプ: conference presentation
URI: http://hdl.handle.net/2115/59978
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 渡辺 謙仁

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学