HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第74巻 >

北海道東部の湿原を流れる別寒辺牛川水系における溶存有機物と溶存鉄の流出挙動

フルテキスト
p001-012.pdf4.56 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/lowtemsci.74.1

タイトル: 北海道東部の湿原を流れる別寒辺牛川水系における溶存有機物と溶存鉄の流出挙動
著者: 長尾, 誠也 著作を一覧する
久米川, 雅志 著作を一覧する
児玉, 宏樹 著作を一覧する
寺島, 元基 著作を一覧する
キーワード: 腐植物質
フルボ酸
フミン酸
錯体
発行日: 2016年 3月31日
出版者: 低温科学第74巻編集委員会
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 74
開始ページ: 1
終了ページ: 12
抄録: 沿岸域における溶存有機物と溶存鉄の重要な供給源と考えられる湿原域の機能とそれらの流出挙動を検討することは,海洋沿岸域の生物生産を維持する機能を評価する観点で重要である.本研究は,比較的人為影響が少ない北海道東部の別寒辺牛湿原を流れる別寒辺牛川水系を対象に,6 地点で2003年7月から2005年12月までの計9回調査を行った。その結果,フルボ酸様物質の相対蛍光強度と溶存有機炭素濃度,紫外280 nm の吸光度には正の相関関係が認められた.このことは,フルボ酸様物質が溶存有機物に占める割合が高く,分光学的に同様な特徴を有するフルボ酸様物質が年間を通して移行していることを反映している.また,フルボ酸様物質の相対蛍光強度と溶存鉄濃度は降雨量の多い夏場に高くなり,両者には正の相関関係が存在した.この結果は,溶存鉄が降雨量と流量が高くなる夏場に湿地域から別寒辺牛川へフルボ酸と鉄錯体を形成して流出・移行することを示唆している.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/60986
出現コレクション:第74巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学