HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

画像解析の高密度化による箱形断面CFRP梁の損傷挙動の検討

フルテキスト
70_I_909.pdf2.33 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/61055

タイトル: 画像解析の高密度化による箱形断面CFRP梁の損傷挙動の検討
著者: 松本, 高志 著作を一覧する
何, 興文 著作を一覧する
林川, 俊郎 著作を一覧する
キーワード: CFRP
box beam
damage
image analysis
発行日: 2014年
出版者: 土木学会
誌名: 土木学会論文集A2(応用力学)
巻: 70
号: 2
開始ページ: I_909
終了ページ: I_919
出版社 DOI: 10.2208/jscejam.70.I_909
抄録: 直交積層のCFRP箱形断面梁について4点曲げ載荷を行い,画像解析により曲げ支間周辺の変位場計測を行った.画像解析では,変位計測点の高密度化を行うとともに,計測領域を拡張することで破壊起点により近接させた.変位より,ひずみ,主ひずみ,主応力,破壊指標値の算出を行い,変形・損傷過程の面的な観察をより詳細に行った.直交積層の梁は,曲げ支間とせん断支間で特徴的なひずみおよび応力分布を呈することを明らかにした.CFRP梁は脆性的に上フランジとウェブに亀裂を生じて破壊したが,破壊直前の画像解析より載荷板周辺の局所的な分布を捉えることができ,破壊指標値により実験で観察された破壊起点を説明することが概ね可能であった.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/61055
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 松本 高志

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学