HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第74巻 >

北太平洋亜寒帯の融氷期生物生産増大イベントの原因

フルテキスト
p143-151.pdf3.3 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/lowtemsci.74.143

タイトル: 北太平洋亜寒帯の融氷期生物生産増大イベントの原因
その他のタイトル: Cause of the subarctic North Pacific productivity spike during the deglaciation
著者: 関, 宰 著作を一覧する
発行日: 2016年 3月31日
出版者: 低温科学第74巻編集委員会
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 74
開始ページ: 143
終了ページ: 151
抄録: 高緯度縁辺海を含む北太平洋亜寒帯域は生物生産が高いことで知られているが,オホーツク海やベーリング海東部を除く大部分は高栄養塩低クロロフィル(HNLC)海域と呼ばれ,鉄の供給不足により生物生産が制限されている海域でもある.近年の研究から高緯度縁辺海の大陸棚起源の鉄が北太平洋亜寒帯域における生物生産の鍵を握っている可能性が示唆された.一方,古海洋の研究からこの海域では気候変動に伴い海洋循環や生物生産が劇的に変動したことが明らかにされている.本稿では最終氷期から現在にいたるこの海域の生物生産の変遷を解説し,高緯度縁辺海から外洋への物質供給システムが外洋の生物生産に与えた影響について議論する.
The subpolar North Pacific region is one of the highest productive area in the ocean. This region is also characterized by high nutrient low chlorophyll (HNLC) region where iron is a key micronutrient that limits primary production in the ocean. Recent studies suggest that iron supply from the continental shelf in the Sea of Okhotsk potentially plays a substantial role in sustaining primary production in the subarctic North Pacific. On the other hand, paleoceanographic studies revealed that productivity has been dramatically changed in this region associated with the glacial-interglacial cycle. In this paper, I review changes in productivity in this region from the last glacial maximum period to the present and discuss a potential impact of iron transport from subpolar marginal sea to the subarctic North Pacific on the deglacial productivity spike
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/61208
出現コレクション:第74巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学