HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

岩層・炭層からのガス回収を目指して釧路南東部の白亜系砂質頁岩の性状

Files in This Item:
MMIJ2015Matsuyama1409.pdf1.05 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/62721

Title: 岩層・炭層からのガス回収を目指して釧路南東部の白亜系砂質頁岩の性状
Other Titles: Characteristics of sandy shale -Cretaceous samples from southeastern Kushiro area-.
Authors: 児玉, 淳一 Browse this author →KAKEN DB
藤井, 義明 Browse this author →KAKEN DB
福田, 大祐 Browse this author →KAKEN DB
高橋, 徹 Browse this author
菅原, 隆之 Browse this author
末永, 弘 Browse this author
佐藤, 晃 Browse this author
松本, 裕之 Browse this author
内田, 景己 Browse this author
Keywords: 白亜紀層
砂質頁岩
浸透率
細孔径分布
X線CT
Issue Date: 8-Sep-2015
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 資源・素材2015(松山)企画発表・一般発表講演集
Volume: 2015
Start Page: 1409
Abstract: 釧路コールマインにおけるメタンガスの開発のための基礎的データを得るために,白亜系岩盤層内の砂質頁岩を対象に,空隙性状の観察や浸透率などの物理的性質の測定を実施した。水銀圧ポロシメータにより細孔径分布について分析した結果,細孔径分布はシングルモーダルを示すが,ピークを示す細孔径は深度が大きいとやや小さいことがわかった。このことは,X線CTによる空隙の観察でも裏付けられ,深度が大きいと欠陥構造は少ないという結果が得られた。窒素ガスと水を流して浸透率を評価した結果,健全な状態の浸透率は10-19〜10-18 m2程度であり,極めて浸透率の低い岩石であることが明らかになった。しかし,割裂した場合の浸透率は著しく増加し,窒素ガスと水を用いた場合の浸透率は,それぞれ,10-14〜10-15 m2,10-15〜10-17m2となった。水銀圧ポロシメータ,X線CT,かさ密度から求めた空隙率はおおむね一致し,約8-12%の範囲であった。また,一軸圧縮強度と圧裂引張強度は,それぞれ約146MPa,約17MPaであり,本砂質頁岩は空隙体積の割には強度の大きな岩石であることがわかった。
Description: 資源・素材2015(松山)―平成27年度資源・素材関係学協会合同秋季大会―, 2015年9月8日~10日, 愛媛大学, 松山市
Conference Name: 資源・素材2015(松山) : 平成27年度資源・素材関係学協会合同秋季大会
Conference Place: 松山市
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/62721
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University