HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
情報科学研究科  >
雑誌発表論文等  >

闘病ブログを対象とした手がかり語を用いた薬剤服用情報の抽出手法

フルテキスト
FSS28-2012_251-256.pdf743.09 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/63609

タイトル: 闘病ブログを対象とした手がかり語を用いた薬剤服用情報の抽出手法
その他のタイトル: An Extraction Method of Medication Usage Information Using Clue Words from Illness Survival Blogs
著者: 北嶋, 志保 著作を一覧する
荒木, 健治 著作を一覧する
ジェプカ, ラファウ 著作を一覧する
キーワード: テキストマイニング
情報抽出
意見抽出
薬剤服用情報
発行日: 2012年 9月12日
出版者: 日本知能情報ファジィ学会 = Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
誌名: ファジィシステムシンポジウム講演論文集 = Proceedings of the Fuzzy System Symposium
巻: 28
開始ページ: 251
終了ページ: 256
抄録: It is very useful to constructing system that can predict future situation of illness from medical records written by patients in natural language because it will help to ensure informed consent. As the first step, we propose a method to extract description of the effect caused by taking the medicine as a triplet of expressions - medicine name, object of change, and its effect from illness survival blogs. There is no database of evaluation expressions for medical treatment. Moreover usual extraction patterns are not suitable for processing these blogs. Therefore, we decided to extract a expressions triplet using specific clue words and by parsing results. In the experiments, we have confirmed that medication usage information can be extracted with high accuracy compared to other existing methods.
自然言語で書かれた患者による医療記録を用いて,病状の未来予測を可能とするシステムを構築することは,インフォームド・コンセントの助けとなり非常に有用である.その第一段階として,闘病ブログから薬剤の服用によりおこる効果・変化に関する記述を(薬剤,対象,評価)の三つ組として抽出する手法を提案する.抽出に利用できる医療用の評価表現辞書は存在せず,また,従来の抽出パタンもブログには適していない.そこで,特定の手がかり語を用いて,係り受け関係を考慮した抽出を行う.評価実験により,既存の手法に比べ高い精度で服用に関する情報を抽出できることを確認した.
記述: 第28回ファジィシステムシンポジウム(28th Fuzzy System Symposium). 2012年9月12日~14日.名古屋工業大学, 名古屋市.
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/63609
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: Rafal Rzepka

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学