HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
国際広報メディア・観光学院,メディア・コミュニケーション研究院  >
雑誌発表論文等  >

野火的な「プロジェクト」と学び : メディアとしての超小型衛星開発プロジェクトにおけるフィールドワークを通して

フルテキスト
Watanabe・Tanabe(2016).pdf6.67 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/63793

タイトル: 野火的な「プロジェクト」と学び : メディアとしての超小型衛星開発プロジェクトにおけるフィールドワークを通して
著者: 渡辺, 謙仁 著作を一覧する
田邉, 鉄 著作を一覧する
キーワード: Nico-TECH
wildfire activities
architecture
Hatsune Miku
fieldwork
ニコニコ技術部
野火的活動
アーキテクチャ
初音ミク
フィールドワーク
発行日: 2016年 9月
出版者: 日本認知科学会
誌名: 認知科学 = Cognitive Studies
巻: 23
号: 3
開始ページ: 255
終了ページ: 269
抄録: The purpose of this paper is explorning potential for new learning through an ethnographic study in a nanosatellite-developing project generated from among "Nico-TECH:." "Nico-TECH:" is a makers' community spreading like wildfire mainly mediated by NiconicoVideos. "Nico-TECH:" has no institutional organizasion. It is "Social Media Satellite Development Project" (SOMESAT) which is the project for developing a nanosatellite on which "Hachune Miku" (Hatsune Miku) does performance in the space. From the result of the ethnographic study, SOMESAT was able to be taken as a goal-oriented project, and also a zone of human development such as a distributed, mobile and multidirectional pulsation. Activities which realized such a human development were partially mediated by architecture of NiconicoVideos to stimulate emergence of contents and ideas, and by a boundary crossing body of Hatsune Miku's character. This paper must show potential for new learning and give some kind of suggestions about school education in the future.
Rights: 本著作物は、日本認知科学会の許可のもとに掲載しています。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/63793
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 渡辺 謙仁

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学