HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

陰的列挙法に基づくSATアルゴリズム

Files in This Item:
IPSJ-JNL3412003.pdf1.09 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/64520

Title: 陰的列挙法に基づくSATアルゴリズム
Other Titles: SAT Algorithm Based on Implicit Enumeration Method
Authors: 大柳, 俊夫1 Browse this author →KAKEN DB
山本, 雅人2 Browse this author →KAKEN DB
大内, 東3 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): OHYANAGI, Toshio1
YAMAMOTO, Masahito2
OHUCHI, Azuma3
Issue Date: 15-Dec-1993
Publisher: 一般社団法人情報処理学会
Journal Title: 情報処理学会論文誌
Volume: 34
Issue: 12
Start Page: 2464
End Page: 2473
Abstract: 命題論理の充足可能性問題(以下SATと呼ぷ)は、計算複雑度がNP一完全である代表的な問題として、情報処理の分野における墓本酌な問題の一つにあげられている。この問題に対して、Davis-Putnamの方法に代表される記号的方法に関する研究がこれまで盛んに行われている。最近になって、OR技法の一つである整数計画法や線形計画法に基づく研究が主にORの分野の研究者によって行われている。この方法は記号的方法に対し定量的方法と呼ばれ、本来計算機が得意とする数値的な処理によりSATを高遠に解くことを目指したものである。SATに対する定量的方法に関するこれまでの研究として、1)Branch and Broundに基づく方法、2)切除平面に基づく方法、3)内点法に基づく方法、4)陰的列挙法に基づく方法、などが提案されている。本論文では、陰的列挙法に基づく新しいSATアルゴリズムIEMSATを提案する。そして、SATに対する代表的な方法であるDavis?Putnamと提案アルゴリズムの関係を詳細に調べ両方法の対応付けを行う。この結果は、一般のO-1整数計画問題に対する陰的列挙法をSAT向きに特殊化することで、Davis・Putnamとほぽ同じ方法が導げることを示すものである。また、IEMSAT為よびDavis?Putnamの方法を用いた計算機実験を行い、IEMSATの有効性を検証する。
The satisfiability problem (SAT) is one of well-known problems in the field of computer science. Many researchers in this field attempted to develop an algorithm for solving this problem. Among them Davis and Putnam succeeded to develop so-called Davis-Putnam method. Recently some researchers in the field of Operations Research applied mathematical programming theory to SAT. This approach intends to solve SAT by not symbolical computation but numerical one. This paper intends to propose new SAT algorithm based on implicit enumeration method that is one of algorithms for general O-1 integer programming problems. Furthermore, a detailed comparison between the proposed method and Davis-Putnum method is made. The result shows that the proposed method and Davis-Putnum method are closely related. Some computational experiences are also made to verify effectiveness of the proposed method. As a result, the method solved all the test problems faster than Davis-Putnam method and Kamath's method.
Rights: ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/64520
Appears in Collections:情報科学院・情報科学研究院 (Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 山本 雅人

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University